孤高のタルトタタン@カフェプリムール

そこまで言っちゃう?というタイトルになりました(笑)。
が、これを食べていただきたい!というカフェプリムール渾身のタルトタタンは妹夫婦のこだわりそのものだと私は思います(⌒‐⌒)。

先週末、お店でのお披露目前段階でいただいてしまいました。
f0342536_14213676.png

艶やかなあめ色のリンゴ。いったいどれだけの数を使っているのでしょうか?

一般的には酸味のある紅玉を使うことが多いですが、できるだけ本場フランスの味に近づけたい、という思いで「あえて」酸味の少ない王林をチョイス。果肉の食感や香りも楽しんでほしい、とのこと。

王林は、他の品種と比べてジューシーなので煮崩れしやすいという難しさもあるようですが、火を通すことで甘味が増すという特徴もあるらしいです。人工的ではないリンゴ本来の甘みが引き立つ、ということでしょうか。

口に運んでみると、ていねいに煮詰めたリンゴのどこまでもやさしい食感と、甘いだけではなく、キャラメリゼしたことでのほんのりビターな感じもあり、台となっているパイ生地がなんともサクサクして、一般的なタルトタタンとは異なる世界を感じること必至です。
f0342536_14203599.png

台生地とリンゴを一緒に焼くと水分を吸ってしっとりしてしまうから、リンゴの柔らかさと生地のサクサクした食感を楽しんでほしいから、という思いもあり、「あえて」一緒には焼かず。生地は発酵バターをたっぷり使い、サクサク感を出すために2日がかりで作るという。

キュラメリゼしてちょっとビターなリンゴとクレームシャンティが、また合う!⌒‐⌒)
f0342536_14221171.png

パイ生地のサクサク感、あめ色に煮詰めたジューシーなリンゴのやわらかさ、甘みの中にキャラメリゼしたビターな風味が抜群のハーモニーを奏でているこだわりの「あえて」が結集したカフェプリムールのタルトタタン。

2月上旬の期間限定でお楽しみいただけます。
が、こちらも仕込みに時間がかかるため、個数限定になるもよう。ご予約にて承ります!ということになりそうです。

昨日は、東京でも雪になりましたが、今日はいい天気。
皆さん、よい1日を(⌒‐⌒)
f0342536_10445924.jpg


[PR]
by topcloud | 2015-01-31 11:36 | カフェプリムール | Comments(2)
Commented by lemon0508 at 2015-01-31 13:51
こんにちは ! タルトタタン大好きなのですが、味わいや食感、そしてその姿にいたるまで、これほどまで精魂こめて作りあげられたタルトタタンは、食したことがない気がいたします。もともとは、タタン姉妹の失敗から生まれた...という微笑ましいストーリーを思い出しながら、ふむふむ 美味しい..と、のん気にいただくのが常でしたが、ここまで極めてくださる方があることを、天国のタタン姉妹も喜ばれていると思います?? 近いうちに友人を誘って、伺いたいと思います。

Commented at 2015-02-01 17:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 2月のカレンダー@カフェプリムール 2015年の色は..... >>